プレゼンで絶対失敗したくない!あなたへ

おはようございます。
コミュニケーションストラテジスト
BEX Institut代表 大塚美幸です。

今回のテーマは「プレゼンで絶対失敗したくない!あなたへ」

プレゼンで失敗したくない!
クライアントや会社の役員(上司)の前で絶対失敗したくないんです!!!
どうしたら良いですか??

日常に多くの方々から伺うご相談です。!

今まで1度や2度は思ったことがあるのではないでしょうか?
私も、毎回絶対失敗したくない!!!と心底思います(苦笑)

よく「他人の評価を気にしない」等と聞きますが…
心理学者によると、人間の脳には「社会的認知」があります。
それによて他者がどう考えるか、何を考えているか気になってしまうようです。

ですから「失敗したくない」「能力が高いと思われたい」「良い人だと思われたい」
という気持ちがあるのも当然だと思っています。

以上の前提を踏まえて…
3つのポイントをご紹介します。
1.失敗した時を想定しておく!
 全く問題なくプレゼンを終えられれば言うことはありません。
 もし失敗したら、どうしようと思うと失敗しやすくなるとも言われます。
 失敗した時、頭が真っ白くなった時、負のスパイラルに巻き込まれそうになる時などを想定してみましょう
 大事なのは失敗を引きずらないことです。
 マズイ状況になりそう/なった時、どう良い軌道に乗せるか考えておくことをオススメします。
 
2.全員が満場一致で大賛成は、ほぼない!
 聞き手全員が最高!満点!と言ってくれることは奇跡に近いです。
 勿論ファンクラブがあって、そのファンだけが講演/プレゼンを聞きに来てくれる場合は別です。
 例えば、故スティーブ・ジョブズ氏がアップル信者の前で新作を発表する時等はかなり稀です。
 聴衆の2割は好意的、2割は批判的、残りの6割は気にしていません。
 無関心の6割をどれだけ好意的・興味を持つ方に行ってもらえるかがポイントです。 

3.他者の評価に振り回されることは無意味
 他の人の評価を過度に気にし過ぎるのは無意味です。
 耳を傾けることは大切です。それと気にし過ぎることは違います。
 何事もバランスが大事です。

いかがでしょうか?
失敗、成功を決めるのは聞き手とご自身です。

人の評価を150%気にし過ぎるのではなく…
ご紹介した3点+自分なりの成功基準を決めてチャレンジしてみてください。

ご質問・ご相談・研修についてお気軽にどうぞ。
Email:info@bex.institute

バックナンバーは弊社サイトで公開中 https://bex.institute/

~言葉が未来をつくり、言葉が人生を切り開く~
言葉には心を動かし、ご自身も周囲も成長させる力があります。
言葉の伝え方は1度身につければ一生自分を助け輝かせてくれる魔法の道具です。

頑張る みなさんを応援しています。

笑顔で楽しい1日をお過ごしください。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。

****************

【発行責任者】
BEX Institute 代表
3秒で惹きつけ7秒で信頼を与えるリーダーのための話し方講座主催
大妻女子大学講師
大塚美幸

話し方のコツなどアメリカ最大級インターネット新聞「ハフィントン・ポストJAPAN」に時々寄稿中
※プロフィールはこちら
http://www.huffingtonpost.jp/author/miyuki-otsuka/

同僚、ご友人で「話し方に困っている方・辛い方を助けたい!」と思ったら、本メルマガ講座をお知らせください。
ご登録は下記でお願いします。
https://www.agentmail.jp/form/pg/4058/1/ 成長したい!変化を望む方を応援しています。一緒に頑張りましょう。

いつも最後まで読んでいただき感謝してます。

シェアする